なかむらファーム

作業道具箱

TOP > 栽培について > 作業道具箱


作業で使う道具たちを説明します。
いろいろなこだわりの品々です。

はさみ

No.1 ぶどうばさみ

一番良く使う道具です。花穂成形や粒間引き、枝を切ったりするのに使います。
切れ味抜群。手も良く切ってしまいます。
サックに入れて腰から下げると職人さん気分になれます。

はさみ

No.2 剪定ばさみ

ちょっと大きなはさみ。
こちらは太い枝を切るのに使います。
刃が傷んできたら取り替えられます。


はさみ

No.3 電動剪定ばさみ

剪定ばさみですが、電動です。
太い枝を剪定するのは数が多いので大変です。腰に付けたバッテリーで動いてくれる優れものです。  ただ、少し重いのが難点です。

テープナー

No.4 テープナー

枝を誘引するときに使います。
誘引の時に、枝と誘引線とをテープでくっつけてくれます。 テープには太陽の光で分解されるものを使っています。

No.5 通勤用バイク


ガソリン代節約、気分転換を兼ねて使っている、kawasaki KSR。 農道を快適に走ってます。

No.6 押し切り


わらを切る道具 押し切り。昔から家にあった道具ですが、未だに活躍しています。

軽トラ&防除機

No.7 軽トラ&防除機

農家の必需品、軽トラ、そして荷台に乗っているのが動力噴霧機です。農薬の散布に使います。 タンクには500リットルまで入ります。

草刈り機

No.8 草刈り機

農業は雑草との戦いと言っても過言ではありません。これは持たずに押せばいいので、楽に草刈りができます。

ホーレー

No.9 ホーレー

土作りに使う道具です。
収穫が終わったら、次の年に向けて土作りをします。ぶどうは木が生えていて土を耕せないので、これを土にさしておこすことで土の環境をよくします。

らくらくカップ

No.10 らくらくカップ

ジベレリン処理(種なしにする処理)をするときに使います。
ジベレリン処理は、花や幼果を水に溶かしたジベレリンに浸して行います。これはカップの中に溶液を噴射してくれて、らくらく作業ができます。

トップカー

No.11 運搬車

万能型荷物運び機です。
農業ではいろいろなものを運びます。 肥料だったり、堆肥だったり・・・ 車が入れない果樹園内でも、重たいものを乗せて運転できるのでとても便利です。

ユンボ

No.12 ユンボ

我が家の秘密兵器、小型ショベルカーです。普通みんなユンボと呼んでいます。
苗木の植え付け前に土作りのために掘り返したり、ハウスを建てたり、暗きょを掘ったりするときに力を発揮します。 秋の土つくりの時にも使います

農園の紹介

ブログ

栽培について

商品案内

リンク

Copy Right なかむらファーム Co.,Ltd.Since 2008